脂肪溶解注射JP ~メソセラピーで堅実に痩せる方法~


脂肪溶解注射を受けるメリットとは?


s1ダイエットをしてもなかなかとるのが難しいのが、「お腹まわりの脂肪」。
腹筋をして筋肉をつけても、筋肉の上に脂肪がのこっていては意味がないですよね?

そういった場合に簡単にダイエットにつながるのが、「脂肪溶解注射」です。
ただ、注射で痩せるというとどうしても怖いイメージにつながるかと思います。
そこで、今回は脂肪溶解注射のメリットをご紹介します。


point1とても簡単


とても「簡単」というのは、一番のメリットとなるでしょう。
注射をただ打ってもらうだけだからです。

エステのように頻繁に通う必要もありませんし、脂肪吸引のように、手術があるわけでもありません。


point2高い安全性


脂肪溶解注射は高い「安全性」で人気があります。
注射されるのはレシチンになります。

レシチンというとわかりづらいかもしれませんが、食品自体に存在している成分です。
ちなみに日本人に馴染みが深い大豆などの成分が同じとなります。


point3エステとの合わせ技も有効


脂肪溶解注射を打つ前にエステを受けておくというのも、じつはとても良いこととなります。
打つ前に脂肪を柔らかくしておくことで、注射がしっかりと早く効果がでやすくなると言えるのです。


point4副作用がほとんどない


副作用がまったくないとは言えません。
多少あざなどにもなりますが、普通の痣などと同様に1週間程度を目安に消えてなくなります。

以上が脂肪溶解注射を受けるメリットといえるでしょう。
コストは医院によってさまざまですが、エステ感覚で受けることができる価格帯のことが多いため、そういった美容クリニックを探して相談をしてみてはいかがでしょうか?

脂肪溶解注射が優れている理由


s2産後は骨盤が開くことによって、おなか周りに脂肪がつきやすくなります。

だからおなかまわりを気にする女性が多いんです。
私もその一人・・・

でも、おなか周りに脂肪がつくと、薄着の服が着にくくなりますよね。
そんなときにおすすめなのが「脂肪溶解注射」です。

脂肪溶解注射は別名「メソセラピー」とも云います。
脂肪溶解注射には、優れた利点がたくさんありますのでご紹介します。


point1低価格


まず、費用が安く体への負担が少なくすみます。

負担が少ないので、海外では美容医療や肥満治療として利用されています。
副作用も少なく、筋肉痛やアザが残る場合もありますが、数日で消えます。

ヨーロッパやブラジルなどでも、医療事故の報告はありませんので、安心してください。


point2手軽


また、気軽にすることができます。
補正下着やスポンジの圧迫もいらないですし、10分~15分ほどで処置も終わります。
手術をするわけではないので、傷跡も残りません。

脂肪組織を溶かすので、持続性もありますし、効果もしっかりとあります。
皮下脂肪がある場所ならどこにでもできるので、おなかはもちろん、顔のお肉が気になる場所にも注射できます。

しかし、打ったその日は腫れる可能性もありますので、一応お仕事はお休みしましょうね。
脂肪細胞は再生しないので、リバウンドする可能性も少ないです。


point3安全


さらに、安心して処置を受けられます。
注射する薬品は、厚生省からの許可をちゃんともらっています。

薬品と脂肪も、尿や便といっしょに体外に排出されるので、体の中に薬品がのこる心配もありません。

脂肪溶解注射は低価格で短時間に安全に痩せられる優れたメリットがあります。
一度、近所の美容クリニックで相談してみてください。

脂肪吸引と脂肪溶解注射の比較


s3これから夏にかけて薄着をしていくと思います。
脂肪があるから薄着ができないという人におすすめの痩せる方法があります。

それは、「脂肪溶解注射」です。
脂肪溶解注射とは薬を注射することで、周辺の脂肪を溶かしてしまうダイエット方法です。
この溶かした脂肪は便や尿として体の外に排出されます。

このダイエット方法は「脂肪吸引」と比較されることがあります。
しかし、このダイエット方法は脂肪吸引ダイエットと比べていくつかメリットがあります。

まず、体に注射をするだけなので体に傷がつかないことです。
脂肪吸引ではメスを使うので体に傷が残ってしまいますが脂肪溶解注射では注射なので大丈夫です。

他にも、処置時間が1回5分~10分程度ととても早いので入院する必要がありません。
忙しい人でも簡単に処置ができるので便利です。

入浴も処置当日にできます。
効果もすぐに現れます。

だいたい2~3回で効果がでます。
注射だけなので痛みがなく副作用も少ないので安心して利用することができます。
皮下脂肪のある場所ならどこでも使用できますし、注射なので細かい部分でも使用できます。

値段も脂肪吸引が20万円程度に比べて脂肪溶解注射は1本2万円程度なので、3回処置しても脂肪吸引よりも安くなります。

定期的にキャンペーンを実施している医院もあります。
KM新宿クリニックではWEB限定割引で、1本=9,500円前後で処置してもらえるので助かります。

ダイエットをしてもなかなか効果が出ない人や忙しい人、部分的に痩せたい人に・・・私は「脂肪溶解注射」をオススメします。

脂肪溶解注射でウエスト60cmまで痩せることが出来ました


s4わたしは33歳で出産し、産後、体重がまったく落ちずに悩んでいました。
若いころは45キロの痩せ型でしたが、妊娠中に20キロも太ってしまい、特にお腹周りがまだ赤ちゃんが入っているかのように脂肪がたっぷりついたままでした。

主人にも、「もうちょっと痩せてくれ」と言われました。 ・゚・(つД`)・゚・

なんとかしなきゃ」といろいろ調べた結果、「脂肪溶解注射」という方法に行きつきました。

脂肪吸引より安全で、即効性もあるとのことで、これしかないと思ったのです。
クリニックは、「KM新宿クリニック」に決めました。
どこがいいか悩んだのですが、新宿クリニックは説明がしっかりしていたので、信頼性がありそうだと思いました。

一回9,450円で、二週間に一回を6回通い切りました。
お金はかかりましたが、最終的に腹囲78センチあったものが、60センチまで痩せることが出来ました。

痛みに関しては、ほとんどないと言っていいと思います。
わたしは術後にちょっとピリピリするような痛みがありましたが、普通の生活が普通に送れる程度の不快感でした。

麻酔のクリームをちゃんと塗ってからの施術ですので、誰でも我慢できる程度の痛みだと思います。

ウェストが60センチまで細くなれるとは正直思っていませんでしたので、主人もとても喜んでいます。
出資した甲斐があった」と笑ってくれています。

今回、お腹で効果が実感できたので、次は二の腕の治療してもらうつもりです。


➡ 小顔注射で美顔になれますか?脂肪吸引や脂肪融解注射とは違うの?




最終更新日: 2016年12月07日