メソセラピーの利点と欠点

h4メソセラピーのメリットとデメリットについて

 

JU172_72A

 

女性にとって、スリムなボディというのは永遠の憧れです。
若い頃は体の代謝もありますので、そういったことをあまり気にする必要もありません。

 

しかし、年を重ねていくにつれて、体の代謝力も落ちていきます。
そうなると、おなか周りや太ももに脂肪が蓄積されていってしまいます。

 

もちろん、運動をしたり食事制限をしたりすることで、死亡は落とせます。
しかし、運動をしすぎるとかえって体を壊してしまいますし、間違った食事制限も体を壊しかねません。

 

そんなことをせずとも、脂肪をとる方法というのはないのでしょうか。

 

メソセラピーという方法があります。
メソセラピーというのは最近注目の施術で、脂肪を溶かす注射のことです。
体の気になる部分に注射をすることによって、脂肪がなくなるというもの。

 

では、メソセラピーにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

まずは、部分痩せができるという点です。

 

おなかだけ脂肪がたまっている、太ももだけ脂肪がたまっているという人は多いもの。
そういった部分だけをやせさせるというのは、なかなか難しいものです。

 

しかしメソセラピーであれば、気になる部分に注射をうちさえすれば、簡単に脂肪を溶かすことが出来るのです。

 

また、頑固な脂肪にも効果的です。
頑固な脂肪の代表選手といえば、セルライトですが、セルライトに対してもメソセラピーは非常に効果的なのです。

 

もちろん、デメリットもあります。

 

1回で注射できる薬剤の量に限りがありますので、ある程度の効果を実感するためには、何回か継続しなければなりません。

5回~10回通う事を想定しておきましょう。

 

糖尿病や肝臓病、心臓病や妊娠中の方、そして大豆アレルギーを持っている方は、そもそもメソセラピーが受けられない可能性があるのです。

以上の2点に気を付けて下さい。