脂肪溶解注射を受けるメリットとは?

a0001_008197

 

ダイエットをしてもなかなかとるのが難しいのが、「お腹まわりの脂肪」。

腹筋をして筋肉をつけても、筋肉の上に脂肪がのこっていては意味がないですよね?

 

そういった場合に簡単にダイエットにつながるのが、「脂肪溶解注射」です。

ただ、注射で痩せるというとどうしても怖いイメージにつながるかと思います。

そこで、今回は脂肪溶解注射のメリットをご紹介します。

 

 

point1とても簡単

 

 

とても「簡単」というのは、一番のメリットとなるでしょう。

注射をただ打ってもらうだけだからです。

 

エステのように頻繁に通う必要もありませんし、脂肪吸引のように、手術があるわけでもありません。

 

 

point2高い安全性

 

 

脂肪溶解注射は高い「安全性」で人気があります。

注射されるのはレシチンになります。

 

レシチンというとわかりづらいかもしれませんが、食品自体に存在している成分です。

ちなみに日本人に馴染みが深い大豆などの成分が同じとなります。

 

 

point3エステとの合わせ技も有効

 

 

脂肪溶解注射を打つ前に「エステ」を受けておくというのも、じつはとても良いこととなります。

打つ前に脂肪を柔らかくしておくことで、注射がしっかりと早く効果がでやすくなると言えるのです。

 

 

point4副作用がほとんどない

 

 

副作用がまったくないとは言えません。

多少あざなどにもなりますが、普通の痣などと同様に1週間程度を目安に消えてなくなります。

 

以上が脂肪溶解注射を受けるメリットといえるでしょう。

コストは医院によってさまざまですが、エステ感覚で受けることができる価格帯のことが多いため、そういった美容クリニックを探して相談をしてみてはいかがでしょうか?

 

 

check脂肪溶解のメリットについて

 

 

女性の方で部分痩せをしたいと思っている方はたくさんいらっしゃる事かと思います。

しかし部分痩せって自分で自宅でやるとなると、とても難しいんですよね。

そこで私がおすすめなのが、脂肪溶解です。

 

部分痩せを簡単に行う方法として他にも脂肪吸引などがありますが、この脂肪溶解のメリットはなんて言ってもその気軽さにあると思います。

脂肪吸引の場合には料金もそれなりにかかってしまいますし、施術も時間がかかってさらに痛みもあります。

しかしこの脂肪溶解の場合には痩せたい部分に注射をするだけですので、とても簡単にできます。

 

ただやはりそれだけ簡単だと、1回ではあまり効果を実感できない場合が多いです。

なので基本的には6回程は通う必要が出てきます。

 

注射の度に腫れなどは起こりますが、その腫れがひけば細くなった部分と対面する事ができます。

そして嬉しい事にこの脂肪溶解で細くなった部分は、半永久的のそのままの細さを保つ事ができるのです。

 

料金的にも、だいたいどこも1回の注射で一万円程で行う事ができます。

脂肪吸引の場合には何十万円とかかってしまいますから、それを考えれば本当に安いという事がわかって頂ける事かと思います。

 

安全性も高く、リスクは少ないですので、部分痩せを簡単にしたいと考えている方は是非一度、検討してみてください。