脂肪溶解注射のリスクについて

a0007_001765

 

 

h4低リスクだが効果には個人差がある脂肪溶解注射

 

 

お腹まわりや太ももなどについてしまった脂肪は、食事や運動のダイエットで落とすのは大変です。
そこで頑固な脂肪を失くすのに、注目の方法が、「脂肪溶解注射」です。

 

脂肪溶解注射は、注射をした部分に薬液が浸透し、脂肪細胞を破壊し溶解するので、部分的に脂肪を落とすのに適した方法です。

ただ、その効果に関しては、個人差があります。

 

脂肪を落とす方法としては、脂肪吸引の方がより確実な効果が見込めるのは確かですが体にメスを入れるリスクと高額な治療費がネックです。

クリニックによっては脂肪吸引を勧めるところもありますが、ただ、より費用とリスクの問題から今は、脂肪溶解注射の方が、リスクは低く安心です。

 

リスクが低いとは言っても、腫れの副作用があること、効果の現れ方には個人差があります。

腫れの方は通常1週間で収まります。

 

まず、注射をする際に、人によってはじんわりと痛みを感じることもありますので、ちょっとした注射予防注射などの感覚とは違い、ある程度の覚悟はしておいた方がいいでしょう。

 

また、注射後に赤みと腫れが起こり、その後1週間程度は、痛みと青あざが残りますので、ちょっとびっくりしてしまう人もいます。

ただ、それが収まるときれいに元通りになり、跡が残ることはあまりありません。

 

1度、カウンセリングを受けてみて効果を試してみては如何でしょうか。